REIT(リート)は配当金生活に不可欠!投資すべき三つの理由。

不労所得
不動産投資・REIT
スポンサーリンク

                                            配当金生活に興味がある方なら、一度は聞いたことがあるREIT(リート)。ところが「REIT(リート)って、そもそも何?」と、あまり分かっていない方へ、わかりやすくメリットやお勧めする理由をご紹介します!                    

                        

REIT(リート)とは?

 

REIT(リート)で配当金生活
REIT(リート)で配当金生活

 

REIT(リート)は1960年代にアメリカで生まれました。REIT(リート)とは、「Real Estate Investment Trust」の頭文字の略称で、日本語では「不動産投資信託」と言います。一般的な投資信託は、株式や債券などの有価証券が投資対象ですが、REIT(リート)はその名の通り、不動産を投資対象としています。日本では2001年に開設され、Japanの頭文字をつけて「J-REIT」とも呼ばれます。                                       

 

肝心の利回り、分配金は銘柄毎に異なりますが、だいたい年利3~6%で推移しています(2021年1月時点 キヨシ隊長調べ)

  

キヨシ隊長
キヨシ隊長

Real Estate(英語)⇒不動産(日本語) 。

 

投資会社が不動産を所有し、その投資証券を販売。

不動産投資会社は投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど不動産を購入・運用し、得られた収益を投資家へ分配します。

間接的に不動産のオーナー、小口の大家さんになったイメージといえば分かりやすいかな。

 

現物の不動産投資と何が違うのしょうか?

 

僕は中古の区分所有マンション(競売で購入)を賃貸に出しているけど、必要な資金額や手間、リスクが全然違うよ!

個人で行う不動産投資は失敗やトラブル、空き家リスクもあるし、、、(実体験です(^^;)

 

現物不動産との違い

  • 少額で投資できる *現物の不動産投資は多額の資金が必要
  • 不動産物件の維持・管理(入居募集や審査、火災保険、トラブル対応等々)はプロが行っている
  • 複数の不動産を所有した投資会社の証券なので分散投資ができている
  • 流動性・換金性が高い

 

  ⇒つまり簡単、手軽に不動産投資が可能だということです。

 

友達
 

簡単そうだけど、デメリットもあるんじゃないの?

 REIT(リート)は不動産投資証券は証券取引所を介し売買されるため。、日々需給で値動きが変動すします。

REIT(リート)は不動産事業を証券化したものなので、当然 市況によっては値下りすることもあります。

 

最近の事例では2020年3月のコロナショック(株式市場の大暴落)は、ご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

REITの価格変動リスク

 

上記チャートのように、たった1ヶ月足らずの短期間で50%以上も下落した銘柄もあります。

扱っている不動産事業によっては分配金が減るリスクもあります。例えばホテル等を運営しているREIT(リート)はコロナ禍で業績も厳しいことが推察されます。

 

え~?知らなかった。

たしかに、今コロナ禍で不景気だし、また株価が下がるのでは?

どうすればいいの?

結局、投資しちゃだめなの?

 

どんな投資も100%安全な商品というものはありません。

値下りする可能性はありますが、値上りする可能性もあります。

将来の結果は誰もわかりません。

ただ、今の情勢を鑑みますと、投資しないリスクも考慮すべきではないのでしょうか?

 

私自身、現在は、長らく続いてきたデフレからインフレに変わっていく節目と捉えてます。

ですから、必要以上にリスクを怖がることなく、インフレになっても資産が目減りしないようバランスよく投資することが重要ではないのでしょうか?

   

まとめ

【REIT(リート)に投資すべき三つの理由】

  1. インフレ強い *現物資産である不動産はインフレになった場合、価格が上昇する傾向にある
  2. 少額投資で定期的に積み立てれる *価格変動リスクはドルコスト平均法で対策が可能
  3. 高い利回り *これは言わずもがな。銀行預金に預けていたら金利は限りなく0円で増えません

   

 ⇒つまり、将来想定されるリスクへの対策ができ、高い利回りも期待できる

 

  

どんな銘柄を買うべきか?買い方は?などは、別の記事にて!

 

 

ヘルスケア&メディカル投資法人(3455)高齢化社会に向けた事業と高利回りが魅力

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました