JT株で配当金生活できる?配当金&優待利回りの破壊力

不労所得
JT株
スポンサーリンク

JT(2914)は、言わずと知れた高配当銘柄の代表格。2021年2月1日現在の配当金と株主優待を合わせると利回りは8%以上も あるじゃないですか。

単純計算で、8%利回りなら12年程で投資資金を回収できることになります。

 

確かに高い利回りは魅力的。でも、たばこ業界の将来性は厳しいのでは?

配当金生活を目指す上で、JT株を買うべきか否か。

私を含めて躊躇している方の為に、JT株の業績や配当、株主優待について、まとめました。

参考になれば幸いです。

   

【JT(2914)会社情報】

 (売上等は2019年度実績です)

  • 会 社 名:日本たばこ産業株式会社
  • 資 本 金:1,000億円
  • 売 上 :2兆1756億円
  • 営業利益:5023億      (利益率20%以上、内たばこ関連は約9割、主力の海外たばこ事業利益は3408億円)
  • 自己資本比率48.2%
  • 従業員数:連結 61,975人  (2019年12月31日現在)
  • 配 当 金:154円
  • 優待制度:自社商品の贈呈    (1年以上の継続保有株主に対して)

 

結論から先に申し上げると、私と妻名義で00株(買値2,050円)保有してますが、更に追加してJT株を中長期保有目的で購入したいと考えています。

 

理由は3つあります!

 

JT 株の購入理由 ① 市場は縮小傾向だが、収益・財務共に優良な企業

 

   

具体的な喫煙率の推移や、JTの業績が知りたいです。

 

 

たばこ市場は縮小しており、JTの売上・利益ともに減少傾向にありますが、それでも営業利益率や自己資本比率は高く収益・財務内容は良好です。

まずは、国内たばこの喫煙率と販売本数の推移を見てみましょう。

  

【男女別 成人喫煙率の推移】

 

男女喫煙率の推移

 

男性喫煙率 2000年 47.4%

⇒  2019年 27.1% (4割以上減)

女性喫煙率 2000年 11.5% 

⇒  2019年 7.6% (3割以上減) 

 

【紙たばこ販売本数の推移】

 

紙たばこ販売本数データ

  

販売本数 2000年 3,245憶本

  ⇒  2019年 1,181憶本 (6割以上減少!)

 

ここ10数年ほどで、国内のたばこ市場は大きく減少していることが わかりますね。

それではJTの業績を見てみましょう。

 

【JTの売上、営業利益、自己資本比率の推移】

 

*2011年の売上減は会計基準をIFRS(国際会計基準)に変更したことが要因。

JT 業績
友達
 

あれ?

喫煙率や本数は大きく減ってるに、業績はあまり落ちていない。

 

調べた限りでは、たばこ市場の大きな需要減少に対して、値上げによる価格転嫁と海外事業へのM&A(事業買収)により、業績の落ち込みをカバーしているようです。

 

簡単に言うと、需要の落ち込みに対して、国内では値上げ(価格転嫁)、海外ではM&A(企業買収で販売量を増やす)の作戦で戦っているイメージですね。

 

JTの値上げ、M&A
JT 現状イメージ

 

たばこを取り巻く環境は変化が著しく、今後も需要縮小により業績は落ち込む見通しです。

とはいえ、それでも依然として優良な企業であることには変わらないというのが、業績データから感じる私の印象です。

 

 

JT 株の購入理由 ② 数年間売られ続けてきた割安な株価

 

2016年の高値を頂点に、以後5年間 一貫して売られ続けてきました。2021年7月に安値を付けました。

 

JT株価 2016年2月 4,850円 

 ⇒   2020年7月 1,796円 (6割下落!)

 

現在は少し上がり、JT株は2,000円前後の株価で推移しています。

 

【JT株価チャート】

JT2914 チャート
JT株の長期チャート

 

上記は、長期(月足)のJT株価チャートです。

下線に引いたトレンドライン上が押し目のタイミングとなり反転するように見えるのは私だけでしょうか?

 

JTの株価は、現在2,000円前後。

数年間売られ続けてきた波動の転換点、かつ、トレンドライン上の押し目となり得る、買い妙味のある安値圏と捉えてます。

  

 

 

JT 株の購入理由 ③ 高い配当金と株主優待

 

なんといっても、これですよね!!

利回り4%もあれば十分高利回りなのに、JT株の配当は7%を超えています。

更に株主優待も含めたら、なんと8%以上になります!

 

【JTの配当金の推移】

 

JT株配当
JT株の配当金推移

     

ちなみに、僕は不動産投資にもしていますが、中古マンションの賃貸収入で利回り10%ほど。

高い利回りと思う方もいるかもしれませんが、不動産投資には運用管理のコストや手間、加えて時間経過による老朽化等のリスクがあります。

それに対して、不動産投資より手軽で、配当利回りがそれほど違わないJT株は魅力的に感じます。

 

 

JTは配当だけではなく、株主優待もあるんですよね?

JT株は高い配当金に加えて、株主優待制度もあるんです。

 

【JT株の株主優待制度】

 

1年以上保有株主に対しては、年に1回、自社グループ食品がもらえます。

権利確定日は12月末。

 

別途送られてきた優待申込書を3月末期限までに郵送すると、4月下旬から5月下旬に順次配送されるそうです。

 

JT株主優待
株主優待制度

 

 

 必要株数    優待内容  
 100株以上   2,500円相当
 200株以上   4,500円相当
1,000株以上  7,000円相当
2,000株以上  13,500円相当
株主優待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の株価なら、100株で21万円程で買えます。

そうすると、年間15,400円の配当金がもらえて、更に1年間以上保有すれば更に自社商品2,500円相当の品物がもらえることになります。

 

また、不確定ながらも、隠れ優待品としてプルーム・テックが届く年もあったりするそうです。 

 

 

まとめ

リスク許容可能な余裕資金で

JT株を2,000円で追加購入したい

 

いかがでしたでしょうか。

冒頭にも申しましたが、優待含めて8%利回りで単純計算ですが、約12年で資金を回収できることになります。

 

たばこ業界の将来的な見通しは決して明るいわけではありませんが、財務良好で高収益、かつ高配当の魅力は捨てがたい。

調べた限りでは、国が大株主でもあり、主力の海外事業が比較的堅調で、増配を連続で継続してきたことを踏まえれば、配当が大きく減る可能性は低いのでは?と楽観的に考えています。

私自身は、2,000円前後の株価になった場合に、追加で300株購入しようと考えています。

 

もちろん、将来的に業績が悪くなれば、株価の下落や減配の可能性もあり得ますので、そうなった場合でも困らない程度の余裕資金の一部から購入しましょう。

 

*これらは、あくまで個人的見解ですので、売買に関する最終判断は自己責任でお願いします。

 

それでは、最後までお読みいただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました